床下エアコンについて

家庭用のエアコン1台を床下に設置し、温風を吹き込ませて基礎に蓄熱。  一方、床下は温風が滞留しないようにボックス状の基礎を配置。  こうすることで、一般の床暖房と比べて床材への熱負荷も少なく、無垢フローリングの床暖房が可能になります。
エアコンの性能は年々向上しており、交換する場合も容易におこなえます。

 コンクリート基礎を蓄熱層とするために、基礎の廻りに断熱材を敷き詰める必要があります。 地中は10m以深の温度は年中一定ですが、基礎下程の深さであれば外気温度に影響を受けるため、底版部分にも敷き込みます。断熱材は防蟻仕様の断熱性の高いものを選ぶ必要があります。 また基礎外周部分にもコンクリートを打設する前に断熱材を設置しておきます。打設後に設置すると隙間をできてしまい、断熱・防蟻性が著しく低下する恐れがあります。基礎内にも断熱材を設置することもありますが、結露計算をおこなって仕様を決める必要があります。
 また、エアコンの風がいきわたるよう、床下のコンクリート基礎の形状や配置を対応する必要があります。一般的には連続した仕切り壁を設置して、標準の床版の厚さや鉄筋としていますが、仕切り壁の場合だと風が滞留してしまうために、ボックス基礎を設置します。床版の厚さや鉄筋を3D構造シュミレーションで検討をおこない決めています。(北陸でこのように実検討をおこなっている会社はありません。)
次にどの程度費用がかかるか細かく確認していきます。

工事費は壁付けのみと比べると高くなりますが、光熱費が安く抑えられます。また、維持費も抑えることができ、メンテナンスも気にする必要がない床下エアコン』は、最良の暖房方式です。特に、オール電化や床暖房でご検討している場合は、床下エアコンにすることをお勧めします。