吹き抜けのあるダブル断熱の家  

建設場所 石川県金沢市
用途 専用住宅
延床面積

約100㎡(30,2坪)

工事方式 分離発注方式
特徴等 外皮平均熱貫流率(UA値):0.26、床下エアコン
 

 外壁は金属板とし、1.2mの出ている庇は特殊な構造工法で支持しています。庇のある玄関ポーチの外壁は漆喰仕上としています。
 壁厚が27cmの2重断熱構造とし、天井上には40cm以上の断熱材を吹込んでいます。リビングにあるTV台に床下エアコンを設置して、一台で建物全体の暖房をおこなっています。建物を南側に配置し、吹抜のあるリビングには大きな窓を取付けています。
 お子さんが成長しても対応できるような平面計画となっており、できるだけメンテナンスしやすいこと、ランニングコストが抑えられるように配慮しています。