2世帯の長く息づく家

建設場所 石川県金沢市
用途 専用住宅
構造・階数

木造2階建

床面積 約130㎡(39坪)
工事方式 分離発注方式
特徴等 道路斜線制限緩和のため天空率計算、床下エアコン
 

 隣接する道路による斜線制限により、限られた間取りとなる場所のため、天空率計算することにより、要望の間取りを実現しています。また長期優良住宅として構造、断熱性やメンテナンス性などにも配慮した建物となっています。
 暖房を床下エアコン1台でおこなっており、エアコンの風が隅々までいきわたるよう、基礎は3次元構造シュミレーションをおこない、計画しています。
 1階の床板は杉無垢材を使用し、壁には珪藻土を含んだ自然塗り壁を採用しています。和室は、お茶を点てることができる空間となるよう建て主・職人と一緒に考えて創っています。