床下エアコン+送風システムで夏冬快適

建設場所 石川県金沢市
用途 事務所併用住宅
構造・階数

木造2階建

床面積 約230㎡(70坪)
工事方式 一括発注方式
特徴等 床下エアコン、循環送風システム、自然塗り壁、制震装置
 

 外壁は、軒の出のある平屋を樹脂入漆喰、総二階部分を次世代ガルバリュウム鋼板とし、南面の窓には、冬のやわらかい陽射しを取り入れられるよう ルーバー庇を取付しています。
 外壁下には、大地震による構造劣化が生じない「構造板と断熱材一体パネル」を柱間に設置し、制震装置も採用しています。
 住居部分には、床下の暖冷房を1・2階に循環送風できるように配管。また、各部屋にも送風されるように廊下との間仕切り壁にパイプファンを設置しています。
 内壁の仕上げは、メンテナンスのしやすい自然塗り壁や紙と木からできたオガファーザーの白色を基調とし、玄関やトイレには柔らかな明かりなるよう間接照明を設置しています。