ZEH と サスティナブル建築

 家のエネルギー収支が ゼロ!ZEHの魅力

 
  • クラード設計では、光熱費を抑えることができる住まいを提案しています。 また、ZEHにも対応することができます。

  • 太陽光発電システムの設置費用を抑えることは重要です。また、次年度以降、現在の様に設置後約10年で元が取れる太陽光発電ではなくなってしまう可能性があります。

 

 
  • ZEH補助金は、平成29年度 75万円/件と、昨年度からZEH補助金が大幅に削減されていますが、現段階においては、殆どの申請建物に対して補助金が交付されています。(2017年9月現在)
  • 実際にどの程度の費用が発生するかについて試算してみます。
  • (メーカーによって発電効率は異なってきますので、多少の差異はあります。)
 
  • 太陽光パネルの容量6.3kW、石川県七尾市の場合とした場合
    • 15.5万円/年間程度の発電金額となります。

 施工費用については、同一メーカーの場合においても施工業者によって大きく異なってきています。(左記金額は2017年4月)
また、太陽光システム設置事業の補助金制度を設けている市町村があります。七尾市では、上限20万円となっています。
<設置費162万円 - 補助金(75万円+20万円)>/15.5万円=67万円(4.3年で回収)となります。
(ただし、ZEHとするためには、一般住宅に比べて断熱性能の向上や住宅設備機器の省エネ製品が必要となり、全体工事費は高くなりますので仕様アップを考慮するならば、上記計算とはなりません。)

  •  クラード建築では、ZEHの普及に努めると共に下記の普及率目標となるよう取り組んでいきます。
    受託率 項目 2018年度 2019年度 2020年度
    ZEH 10%(0%) 30% 50%
    Nearly ZEH  5%(0%)  5%  5%
    Nearly Oriented -  0%  0%
    ZEHシリーズの計 15%(0%) 35% 55%
    ( )は、実績値を示す。

省エネとサスティナブル建築

床下エアコンと庇

 

吹抜けのあるa-houseのリビングに床下エアコンを設置することにより、夏は涼しく、冬は床暖房となります。高断熱・気密住宅を実現することにょり上下階の温度差が殆ど生じていません。床下エアコンの工事費・メリットについてはこちらをご覧ください。

 

循環ファン


吹抜けのあるW/B-houseのリビングの壁内に主に工場で使用される切替スイッチ付の循環ファンを設置することにより、冬は2階の暖かい空気を床下から吹出し、夏は床下の冷たい空気を2階天井から吹出し循環をおこなっている。

 

敷地の特徴を生かす


敷地の周辺状況や方位、風の向きを最大限に有効活用できるような建物の位置や形状、プランを導き出します。また、隣地が空き地の場合には、隣地建物のプランを計画することにより、できるだけ建物への影響を配慮しています。設計を進めていくなかで一番大切な部分だと考えています。